趣味を見つける―面白 おすすめ趣味百科
 趣味を見つける HOME美術・絵画の趣味 > 油絵と水彩画の魅力

油絵と水彩画の魅力

  油絵  水彩画 

 油絵と水彩画のそれぞれの魅力を詳しくまとめてみました。まずは、子供のころからなじんでいる水彩画からです。

水彩画

 水彩画は小中学校でなじんでいるので、どなたにも入りやすいというメリットがあります。画材がクレヨンから水彩絵の具に変わった時は、ちょっぴり大人になった気がしたのではないでしょうか。水彩画はその延長線上にあるわけですが、実は水彩絵の具にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?
不透明水彩絵の具と透明水彩絵の具
 学校で使っていた絵の具は、重ね塗りがしやすい不透明水彩です。それに対してプロの画家が使っているのは、重ね塗りをしても下の色が透けて見える透明水彩です。

 その他、不透明な絵の具にガッシュというものがあります。ガッシュは学校用の不透明水彩よりもさらに不透明で、乾燥するのが早いという特徴があります。そのため、デザイン制作向けに製品化されたものもあり、水彩画の画材としてはあまり一般的ではありません。
水彩画の魅力はそのみずみずしさ
 水彩画の魅力は、何といってもあの透き通るようなみずみずしさですね。これは不透明水彩絵の具でも同様ですが、透明水彩では特にその特徴が生かされます。そのため、テクニックもより高度になるわけで、実に多彩な技法があります。それを一つひとつ身につけていくことも、水彩画を趣味にする喜びであるわけです。
上達のコツは技術を盗むこと
 水彩画がうまくなるためには、絵の具の溶き方、色の作り方、筆使いなどから、ぼかし、マスキングなどの高度なテクニックまで、うまい人の制作現場を見て盗むことが欠かせません。いい指導書もありますが、やはり実物を見て肌で感じる効果にはかなわないでしょう。その意味で、水彩画を早く上達したいならカルチャーセンターなどの絵画教室に通うのがベストです。

油絵

 美術展などでは油絵の作品が主流です。あの重厚な存在感は見る者を圧倒します。水彩画がバイオリン・ソナタなら、油絵は交響曲にたとえられるでしょう。水彩画と比べると、制作時間は大幅に長くなり、技法も多彩です。それだけ敷居の高い趣味であるわけですが、ある程度水彩画を書き慣れた方は、ぜひ油絵にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
水彩画にはない油絵の魅力
 近代ヨーロッパの巨匠の絵をご覧になると誰でも感じるように、油絵は何層にも塗られた深い厚みが感じられ、水彩画にはない力強さがあります。色彩も豊富で諧調が実にデリケート。写実的な作品においては、写真と見まごうほどの精巧さで、しかも写真にはない独特の柔らかい光と味わいがあります。

巨匠の絵には何度見ても新しい発見があり、飽きることがありません。「こんな絵が描いてみたい!」。絵の好きな方なら、そう思わずにはいられないでしょう。
油絵を描く面白さと充実感
 油絵の魅力を、描く側からも考えてみましょう。油絵は何度も重ね塗りをしますが、絵の具を油で溶くため、乾くのに時間がかかり、必然的に制作時間が極めて長くなります。このことは一見、短所のように思われるかもしれませんが、実は対象とじっくり向き合っている時間が長く、あれこれと思いを巡らす楽しさがあります。

 
 油絵は乾きが遅いために、絵の具を拭き取ったり、ナイフで削ったりして、もう一度塗り直すことができます。試行錯誤ができるのは水彩画にない長所で、その面ではやり直しがきかない透明水彩画よりも、初心者には描きやすいといえます。

 また、表現の面でも油絵は、厚塗りもできれば、油で薄く溶いて柔らかい雰囲気を出すこともでき、ペインティングナイフで描けば、筆では描けない表現が可能になるなど、より自由度が高まります。

 油絵は描いていて飽きません。制作時間が長いため、一つの作品に長い時間が凝縮されて、描く人の思いが結晶します。油絵を完成した時の充実感は、水彩画を始めとする他の絵画にない魅力となっています。時間のたっぷりある方は、ぜひ油絵を趣味にされてはいかがでしょう。
油絵は独学よりも、絵画教室で!
 油絵は絵の具の混ぜ方一つとっても水彩画とは勝手が違いますから、独学で油絵をやるのは難しい面があります。入門時は、対面でプロの画家の指導が受けられる絵画教室やカルチャーセンターを利用してください。ある程度慣れてきたら、通信講座も選択肢の一つです。

 なお、水彩画に比べて絵の具をはじめとする用具・画材がかなり高いので、最初は必要最小限度をそろえ、必要に応じて買い足していくのがよいでしょう。


  TOP  HOME