いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

歴史的・文化的価値を意識した収集

  骨董品  古い道具類  レコード盤  小説初版本  週刊少年・少女雑誌  ムック本
  椅子  盤上ゲームの道具

骨董品、古道具、レコード盤、ムック本などのコレクション


 歴史的な価値や文化的価値を持ったものを集めるコレクションの紹介です。コレクションは一般的にまとまった種類の物がそろっているから価値があるわけですが、この中には一点だけでも価値のあるものも含まれます。骨董品的な希少価値のあるものから、将来、民俗学的、文化論的な価値を生むかもしれないものまで、収集対象は様々です。
骨董品
 骨董品とは、長い年月(おおむね100年以上?)を経た希少価値のある美術・工芸品や古道具のことですが、素人がその価値を判断するのは難しいものです。具体的には茶道具や焼き物、日本画、掛け軸、刀剣類などですが、主に骨董品屋・古美術商から買うことになり、結構なお値段になります。

 
 ところがこれを「飽きたから売ろう」とすると、査定が「購入価格の1割程度」ということは珍しくもなく普通のことのようです。ゆめゆめ、「骨董品は財産になる」とか考えないことです。稀に掘り出し物があって、鑑定してもらったら途方もない宝物だった、ということもあるでしょうが、そんな幸運を当てにするくらいなら、宝くじや馬券を買ったほうがましでしょう。

 骨董品を集めるなら、自分が心から惚れ込んだ、「絶対に手放さないぞ」と思えるものを購入することです。あくまで心が豊かになることが目的です。もちろん、その前に茶道具とか掛け軸など、ジャンル別に知識を蓄えると共に、物を見る目を養っておかなければなりません。
古い道具類
 古い年代物の道具類には、それを使った人の魂が宿っているように感じる人もいるでしょう。機械の進歩とともに手作業の技術・技能が失われ、行き場を失った道具たちは、かつてそういう時代があったことの物質的な証として、暗い部屋の片隅で密やかに眠っています。その多くは木と鉄でできており、素朴な味わいとともに時代の息吹を伝えてくれます。歴史的・民俗学的な価値のあるコレクションです。
レコード盤
 レコード盤からCDへの移行期に、レコードプレイヤーそのものがなくなり、やがて針も生産されなくなると聞いて、泣く泣くレコード盤を手放した方は多いでしょう。今では「レコードのほうが音に深みがある」などと、時代の流れに抵抗する声は聞こえなくなりましたが、すべての音楽がCD化されたわけではありません。楽譜は残っても、自分の愛した名演奏家のサウンドは消えてしまうのです。特にアドリブが命のジャズは深刻です。レコード盤を収集する歴史的・文化的価値はそこにあります。
小説初版本
 初版本の値段が高いのはもっぱら希少価値によるものです。ですから初版から大量に発行される現代の作家や、昔の作品でも売れない作家のものは極端に価値が下がります。芥川賞や直木賞など、各種文学賞の作品を全部そろえるという考え方もありますが、投機目的でなければ、校正ミスなどがあるかもしれない初版本にこだわる意味は薄いといえます。
週刊少年・少女漫画誌
 少年・少女漫画誌は、読み終わると有価物のごみとなる運命にあるわけですが、20年、30年後にかつてのサブカルチャーを知る貴重な資料となる可能性があります。また、人気連載漫画は単行本になって書店に並ぶとはいえ、絵の迫力が違います。1冊でいろいろな漫画が読める雑誌は魅力的ですし、表紙の絵も貴重です。掲載されている広告だって、後になれば時代を読み解くカギとなることでしょう。少し場所は取りますが、中古は二束三文。現代とは全く異なる時代になった時に、燦然と輝くこのコレクションには、ロマンがあります。
ムック本
 ムック本は、雑誌と書籍のいいところ取りのようなところがあり、一つのテーマについていろいろな角度からの記述や、豊富な写真・図版などがあるのが特徴です。ジャンルとしては、実用書や旅行誌、ファッション誌、生活情報誌、音楽誌、パソコン誌など様々なものがあります。一つのジャンルを徹底的に集めれば、それ自体が価値になるでしょう。年月を経れば時代考証の貴重な資料となることは確実で、楽しみを兼ねたコレクションとなるでしょう。
椅子
 いろいろな家具がある中で、特に椅子がコレクションの対象になりやすいのは、デザインが実に多彩で、椅子そのものが実に魅力的であることや、たんすやテーブルなどと違っていくつあってもよいということがいえるでしょう。とはいえ、一定の数を超えると普通の広さの家では手に負えません。管理の行きとどいた物置ないし納戸を用意する必要が生じます。インテリア・デザインに興味のある方にとって、個性的な椅子を並べて暮らすことはたまらない魅力でしょう。
盤上ゲームの道具
 盤上ゲーム(テーブルゲーム)とは、囲碁、将棋、オセロ、モノポリー、ダイヤモンドゲーム、すごろくなどの遊戯のことで、この道具を集めるのも人類の知的ゲームの考察において、民俗学的価値があります。それとは別に、碁盤や将棋盤の榧(かや)材の柾目は数百万円もします。そこに歴史的名勝負が関係すると、付加価値がついて一千万円以上…値がつけられない宝物になります。さらに海外も含めて、現代ではすたれてしまった幻の盤上ゲームの道具も、骨董品としての価値も加わって博物的価値が高いでしょう。

  TOP  HOME