いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

格調高く踊る―社交ダンス、クラシックバレエ

   社交ダンス   クラシックバレエ

 このページでは欧米の伝統的な踊りである、社交ダンスとクラシックバレエについてご紹介しています。

社交ダンス

 社交ダンスは小さな子供から年配の方まで楽しめる踊りです。素敵な服に身を包んだ男女がペアになり、音楽に合わせてステップを踏めば、気分は最高! そう、社交ダンスはやはり大人のダンスなのです。

 でも、恋人でもないのに異性の手を握るのは恥ずかしい。ステップがよくわからない。相手と接近し過ぎだし、足を踏みそう…。

 
 そんな理由で、興味があってもなかなか最初の一歩が踏み出せないあなた、ご心配は無用です。何事も慣れです。フォークダンスだって最初に経験した時は恥ずかしかったはず。日本の文化や習慣が西洋風と異なるための、一時的な途惑いに過ぎません。慣れてくれば、踊りながらのコミュニケーションも快適になるはずです。

 また、ステップもそう難しいものではありません。すぐに、曲に合わせて自然に体が動くようになります。最初はやさしいステップから、一つひとつ身につけて行くのも楽しいものです。ステップの話が出たついでに、社交ダンスの種目についても紹介しておきましょう。

〔インターナショナル スタイル〕
・スタンダード ワルツ (スローワルツ)  ・タンゴ (コンチネンタルタンゴ)
・スローフォックストロット  ・クイックステップ  ・ヴェニーズワルツ (ウィンナワルツ)


〔ラテンアメリカン〕
・チャチャチャ    ・サンバ (インターナショナルサンバ)
・ルンバ (キューバンルンバ)   ・パソドブレ  ・ジャイヴ


 一度ダンススクールを見学して見てはいかがでしょうか。どんな教え方をしているかがわかりますし、場所によっては無料体験レッスンも受けられます。

クラシックバレエ

 「クラッシックバレエは子供の頃から習うもの」…そう思っている人は多いと思います。でも、「小さい頃からバレエにあこがれていたが、習わせてもらえなかった」という方が、成人してからもあきらめきれずにバレエ教室に通うとケースが増えているようです。そうした思いを断ち切れない方のために、大人から始めるクラシックバレエについて簡単にまとめてみました。
大人になって始めても大丈夫?
 まず、心配なのが大人になってからでも大丈夫かという点です。これはピアノを習うケースと似た質問ですが、趣味として楽しむ分には何の問題もないでしょう。実際に大人専門のバレエ教室があるくらいですから。ただし、年齢は若ければ若いほど体力的に有利で、身体の柔軟性は重要です。特に股関節が固いと無理が生じます。

 子供が大人より有利なのは体が柔らかいということ以外に、体で自然に覚えるということがあります。一方、大人はその弱点をカバーするために頭で覚えようとします。理論から入るので、時間はかかっても間違えにくいということはあるでしょう。また、多くの子供が自発的に習うのではないのに対し、大人は心の底から習いたいと思う分、有利な面はあります。他のダンス経験がある人は、ない人よりもかなり有利でしょう。

クラシックバレエの効果
 クラシックバレエをやると、腹筋と背筋を使って背筋をしっかり伸ばすので、体の幹となる体幹部分がしっかり鍛えられます。バランス感覚がよくなり、正しい姿勢を保ち続けることができるようになるでしょう。逆に言えば、バレエをやるには腹筋や背筋の強化が必要になるということです。もちろん、他のダンス同様、ダイエット効果もあります。

 クラシックバレエで鍛えた体と感覚は、他のスポーツやダンスをやる上でも役立ってきます。モダンバレエはクラシックバレエが基礎になりますし、ジャズダンスの基礎となる部分もあります。
自分に合ったバレエ教室を見つけよう
 やりたいけど迷っているという方は、お近くの教室を見学するのがおすすめです。一つだけでなく複数の教室がよいでしょう。実際の練習が体験できるなら、思い切って試してみるほうが後悔しないと思います(無料と有料があり)。


  TOP  HOME