いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

自信がみなぎる、空手、合気道、護身術

   空手   合気道   護身術

 日本の伝統的な武道では、柔道と剣道が学校教育に採り入れられるなどしてポピュラーな半面、空手や合気道はあまり普及していません。技の破壊力があまりに大きいため、格闘競技として成り立ちにくく、危険を避ければ型の演武を競うだけのものになることが背景にあるようです。

 
 しかし、空手や合気道は、格闘技として強くなることを目的にするのではなく、自己研さんの一環として心身を鍛えるには最高の武道です。型の練習は一人でもできるのが利点。習得の度合いに応じて自信がみなぎってくるでしょう。体から発するオーラそのものが、護身につながるのではないでしょうか。

 なお、護身術は武道とかスポーツというものではありませんが、さまざまなシチュエーションで襲われた時の対処法を身につけておくことは、女性ばかりでなく、男性にとっても自信につながるでしょう。もちろん、護身術は使うチャンスのないことが理想です。その意味では「趣味」のジャンルに入るかどうか…。

空手

 空手は琉球(沖縄)発祥の武道ですが、明治時代に本土に伝えられた後、紆余曲折があって戦後になってようやく空手道としての武道が誕生しました。しかし、試合形式を巡って色々な考えがあり、また、様々な流派が乱立したこともあって、競技としての空手はいまだに統一を見ないまま、世界のカラテとして広がっています。

 趣味としての空手は、型の習得だけでも十分で、実際に型の演武を競う大会があります。しかし、武道である以上、実際に戦う競技を望むのは当然で、当初は寸止めルールを採用して行われました。一方、それに物足りない一派は、直接打撃制ルールを用いて全国大会を行いました。さらに、防具をつけて行う空手の競技方式も生まれました。

 それぞれに一長一短があるのでしょうが、空手の技の危険性をどう処理するかの違いでもあり、どの方法も他派から見れば、空手の本質をゆがめるものに映るのかもしれません。

 それはそれとして、型をしっかりと身につけるだけでも、心身の鍛練は舞踊や太極拳などの比ではないでしょう。静かに座っているだけでも、気迫がみなぎっている。そんな人って、格好いいですよね。

合気道

 小よく大を制する。この言葉ほど合気道の特長をいい表わす表現はありません。合気道の技は、投げ技、固め技、打撃技に分かれますが、打撃技の練習が一番少なく、相手を傷つけることなく戦いを制することが可能とされます。

 空手がもっぱら、突く、蹴るといった攻撃を中心とするのに対し、合気道は相手の仕掛ける技をよく見て、その力を利用して技を掛けます。そのため、達人の技を見ていると、指がちょっと触れただけで相手が倒れてしまうように見えます。まるで超人のようです。

 合気道の創始者は植芝盛平(1883~1969)という人ですが、武力により勝ち負けを争うことを否定しています。合気道の名は、「天地の“気”に合する道」という意味であり、武道でありながら「宇宙との和合の実現」を目指すという、創始者の精神主義的理念が色濃く反映されています。

 実際の約束稽古を見ると、空手に比べて優雅な美しさがあります。そのためか、女性の人口も多いようです。

護身術

 外国人に言わせると、日本人は世界で最も無防備だとのこと。確かに、日本に住む限り、犯罪はテレビや新聞上での出来事で、自分に起こりうることとは認識していないのが現状です。でも近年、ストーカーがらみの事件は後を絶ちませんし、電車ホームでのいざこざ、不良少年グループによる襲撃、居直り強盗、通り魔など、暴力的な犯罪が目立っています。

 危ないところには近づかない、危険を察知したら一目散に逃げる、というのが上策には違いありませんが、避けられない事態もあります。護身術の心得があれば、たとえそれを使わなくても、冷静な判断ができますから、危険を切り抜けることができるでしょう。

 護身術の多くは、相手の力を利用する技や、意表を突く反撃、力を使わず相手の戦闘力を無力化する技、バッグや雑誌などの持ち物を使う技などで、相手に勝つことをめざす武道とは根本的に異なります。敵をひるませて、そのすきに逃げることができれば成功なのですから…。護身術は、一通り身につけてしまえば、もう「趣味」ではなく、「心得」になります。


  TOP  HOME