いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

プリザーブドフラワーを飾る/ドライフラワーを作る

 
 生花を生け、挿して飾るのは気持ちのよいものですが、花の命は短く、色あせてくると幻滅です。何とか長持ちさせる方法はないかということで、昔から工夫された方法が押し花の立体版とも言うべきドライフラワーです。

 しかし、ドライフラワーはその名の通り枯れたような色で、どんなに長持ちしてもワクワクするような美しさがありません。そこで研究の末、生まれたのが生花とドライフラワーの良いところを兼ね備えたプリザーブドフラワーです。まずは、プリザーブドフラワーがどんなものかをご紹介したのちに、伝統的なドライフラワー作りについても触れておきたいと思います。

プリザーブドフラワー

 プリザーブドフラワーというのは、「(腐敗などから保護して)保存した花」というような意味で、生花に特殊な加工を施して長期間楽しめる花にしたものを言います。日本に広まった当初は「ブリザードフラワー」という名が浸透してしまいましたが、それでは「猛吹雪の花」の意味になり、もちろん間違いです。

 プリザーブドフラワーの作り方は、花の樹液を抜いた後、特殊な染料や保存液を吸わせて乾燥させます。フランスのヴェルモント社が1991年に特許認定を取った製造法で、パリからヨーロッパ全域へまたたく間に広まりました。

 その魅力は何といっても、いつまでもあせない鮮やかな色彩で、保存状態がよければ1~2年は持つそうです。単なる着色とは違い、植物本来の持つ水を吸い上げる力で染色しているので、生花の持つ自然な色合いとみずみずしい質感を保っています。また、水やりが必要ないのも大変重宝です。水やりが難しい場所にも飾れますから、フラワーアレンジメントの幅が広がります。

 さらに、プリザーブドフラワーならではの魅力として、自然界には存在しない色の花も作ることができることが挙げられるでしょう。例えば、先人たちがどうしても作れなかった青いバラも、プリザーブドフラワーにより夢が叶いました。

 プリザーブドフラワーの欠点を挙げるなら、お値段が張るということでしょうか。生花と組み合わせるのは、鮮度の寿命が極端に違うため意味がありません。また、プリザーブドフラワーを楽しもうとしても、アレンジメントの技術とセンスがなければ、宝の持ち腐れとなります。まずはフラワーアレンジメントを習うのが先決のようです。

ドライフラワー

 ドライフラワーの最も原始的な作り方としては、湿気の少ない部屋で花を下にして吊るし干しする方法があります。できるだけ水分が少なそうな、ドライフラワーに近い質感の種類の花を選べば、間違いはないでしょう。

 
 野草を摘んでドライフラワーにする場合は、しっかりとゴミを落とした後、防虫スプレーをしてから吊るし干しにします。すでに虫食いのある野草は防虫剤が効かない恐れもあるので、状態の良いものを選びます。

 水分の多い植物は、手間がかかりますが、ドライフラワー用のシリカゲル(乾燥剤)を使って乾燥させます。人によっていろいろなコツや工夫があるようですので、ベテランに教わるとよいでしょう。

 なお、フラワーアレンジメント用のドライフラワーは完成品が販売されています。そうしたメーカーないしお店では、機械で乾燥させています。自分で作るのは時間と手間と技術がかかるうえ、乾燥の難しい植物もありますから、フラワーアレンジメントのほうを中心に考えるなら、市販のものを利用するのがよいでしょう。


  TOP  HOME