いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

趣味の英会話
その英語学習法は効率が良いですか?

 
 日本人の英会話能力は世界でも最低ランクです。そして、英語教材にかける費用は、おそらくトップクラスでしょう。これは何を物語るかといえば、学習法が根本から間違っているということではないでしょうか。その証拠に、海外に出て行った人たちの多くはしっかりと会話力を身につけて帰ってきます。

 でも、趣味として英会話能力を身につけたい人にとって、アメリカに留学するのは時間も費用もない上に、大げさ過ぎます。何かいい学習法はないものでしょうか? そこで、かつて「失敗学」という言葉が脚光を浴びましたが、日本人の英会話について失敗の理由から考えてみました。

聞き取れない理由―「発音の壁」と「訳す癖」


 会話は聞くことと話すことから成り立っていますが、話す以前に相手の英語がほとんど聞き取れない状態がネックになっています。日本人の耳が悪い理由は2つ考えられます。

 その第一は、誰でも気づいているように発音の壁があるからです。子音、母音、アクセント、イントネーション、リズム…これらのすべてが日本語の感覚と異なるため、耳が反応しないのです。さらに、単語と単語がつながって音が変化したり脱落したりする、英語特有の「リダクション」を理解していないか、分かっていても聞き取れないということがあります。これらすべてを基本から耳と口で学習し直す必要があります。特にリズムとリダクションは日本人の最大の弱点ですから、教材を選ぶならこのテーマに絞り込んだものが一つ必要です。

 次に、何とか英語のセンテンスが発音上は聞き取れたとしても、瞬時に意味が分からないという問題があります。これは学校時代に英語を後ろから訳す癖がついていて、それが抜けきらないためです。英語は訳してはだめで、頭の方から瞬時に英語のまま理解できるようにトレーニングする必要があります。そうしないと、話す時も頭の中で日本語を英語に翻訳して会話することになります。

話すトレーニングは基本パターンの言い換え練習で


 よく、「日常の英会話は中学英語で十分」などと言われますが、2つの条件付きで正しいようです。その条件とは、基本パターンの言い換え練習を徹底して行うということ、これは英作文能力の向上にもなります。

 そして、もう一つの条件はボキャブラリーが中学英語では圧倒的に足りないということです。これは子供でも知っている身近にあるものを英語で言おうとすると、ほとんどつかえてしまうという事実からも分かります。単語さえ知っていれば、いざとなれば単語をつなげるだけでも、言いたいことは伝わります。

 基本パターンの言い換え練習は、ペーパーテストなどでは簡単ですからおろそかにしがちですが、会話中に瞬時に出てこなければ意味がありません。例えば、“I don’t think ~.”という構文を習ったなら、「彼は明日来ないと思うよ」「彼女はその紙袋を持ってなかったと思う」…などの会話も、同じ構文が無意識に口から出てこなければならないのです。

恥をかくことを恐れる日本人


 
 英会話のトレーニングで最も効果的なのは、やはり英語を母国語とする人と直接話すことです。日本語だって、国語の時間に覚えたのではなく、家族や周囲の人たちと話すことで覚えたのですから、英会話教材のみに頼っていては限界があります。まして、「CDを聞き流すだけで身についた」などということは、そういう方がいたとしても極めて少数でしょう。

 これもよく言われることですが、日本人は恥をかくことを恐れるために、なかなか会話力が身につかないというのは、その通りだと思います。だから、外国で英語を話さなければ生きていけないという状況に身を置いたときに、英語のコミュニケーション能力が身につけられるのです。国内で英語を話すチャンスを得たなら、その時だけでも、お笑い芸人のあの図太さを見習いたいものです。

 英語で話すトレーニングをするには、英会話の個人(またはグループ)レッスンを受けるほかに、在日の英語に堪能な外国人との英語・日本語の交換教授とか、親友や恋人になるといった方法もあるでしょう。なかなか実現するのは難しそうですが…。


  TOP  HOME