趣味を見つける―面白 おすすめ趣味百科
 趣味を見つける HOME > 語学とコミュニケーションの楽しみ

語学とコミュニケーションの楽しみ

趣味の英会話/その英語学習法は効率がよいですか?
お隣の国、中国や韓国の言葉を学ぼう
第二外国語の習得(スペイン語、仏語、独語、イタリア語)

外国語を学ぶ楽しみ―年齢は関係なし


ツールとしての英語を再学習しよう
 
 中学生になって初めて英語を学んだとき、あなたはワクワクしませんでしたか? 昔も今も、英語の重要性は変わりませんが、アメリカ文化へのあこがれのようなものから、今は世界で通じる「便利なツール」へと変わっています。

 大多数の日本人は受験のための英語学習に追われ、コミュニケーションとしての英語を身につけていません。言葉は使わなければどんどん忘れていきますから、社会人になって数年も経てば知っているはずの英語も相当に忘れています。ちょっと残念、というか悔しいですね。

 そこで、おすすめするのが英語の再学習です。仕事に役立てようとかいう目的がない場合は、「趣味の英会話」というべきかも知れませんが、外国人と日本語以外の言語で意思の疎通ができるって、素晴らしいことだと思うのです。年齢なんて関係ありません。その気になればいくつになったって日常生活に困らない程度の英語は身につくはずです。
西洋の第二外国語や、中国語、ハングルも面白い
 外国語を学ぶということは、それを母国語としている国に興味があるということです。ですから、人によってはドイツ語やフランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、ハングルなどのほうが、英語よりも夢があるということもあるでしょう。ヨーロッパ語は英語と同じ語族に属するので文法的にも近く、同じアルファベットを使います。その上、それらの言語は英語の発音(特にリズムや子音、イントネーション)よりやさしいので、英語よりも楽に学べるでしょう。

 近年は老後を海外で暮らす人が増えており、今後ますます増えることが予想されます。「あの国に住みたい」と夢を描きながら学習すれば、語学学習は一段と楽しくなるのではないでしょうか。


本サイトおすすめ語学とコミュニケーションの楽しみ
趣味の英会話  中国語  韓国語  スペイン語  仏語  独語  イタリア語  ポルトガル語

  TOP  HOME