いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

語学とコミュニケーションの楽しみ

趣味の英会話/その英語学習法は効率がよいですか?
お隣の国、中国や韓国の言葉を学ぼう
第二外国語の習得(スペイン語、仏語、独語、イタリア語)

外国語を学ぶ楽しみ―年齢は関係なし


ツールとしての英語を再学習しよう
 
 中学生になって初めて英語を学んだとき、あなたはワクワクしませんでしたか? 昔も今も、英語の重要性は変わりませんが、アメリカ文化へのあこがれのようなものから、今は世界で通じる「便利なツール」へと変わっています。

 大多数の日本人は受験のための英語学習に追われ、コミュニケーションとしての英語を身につけていません。言葉は使わなければどんどん忘れていきますから、社会人になって数年も経てば知っているはずの英語も相当に忘れています。ちょっと残念、というか悔しいですね。

 そこで、おすすめするのが英語の再学習です。仕事に役立てようとかいう目的がない場合は、「趣味の英会話」というべきかも知れませんが、外国人と日本語以外の言語で意思の疎通ができるって、素晴らしいことだと思うのです。年齢なんて関係ありません。その気になればいくつになったって日常生活に困らない程度の英語は身につくはずです。
西洋の第二外国語や、中国語、ハングルも面白い
 外国語を学ぶということは、それを母国語としている国に興味があるということです。ですから、人によってはドイツ語やフランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、ハングルなどのほうが、英語よりも夢があるということもあるでしょう。ヨーロッパ語は英語と同じ語族に属するので文法的にも近く、同じアルファベットを使います。その上、それらの言語は英語の発音(特にリズムや子音、イントネーション)よりやさしいので、英語よりも楽に学べるでしょう。

 近年は老後を海外で暮らす人が増えており、今後ますます増えることが予想されます。「あの国に住みたい」と夢を描きながら学習すれば、語学学習は一段と楽しくなるのではないでしょうか。


本サイトおすすめ語学とコミュニケーションの楽しみ

趣味の英会話/その英語学習法は効率がよいですか?
 日本人の英会話能力は世界でも最低ランクです。これは学習法が根本から間違ってからだと考えられます。そこで次の3点をテーマに問題点を探りました。①聞き取れない理由―「発音の壁」と「訳す癖」、②話すトレーニングは基本パターンの言い換え練習で、③恥をかくことを恐れる日本人。

お隣の国、中国や韓国の言葉を学ぼう
  お隣の国、韓国と中国の言葉を学び、相互理解に役立ててみませんか?
 韓国語(ハングル)は、日本語と同じ語順で文法的苦労はありませんが、あのハングル文字がやっかいです。でも、ハングル文字は発音記号そのものなので、覚えてしまえば逆に楽です。それより大変なのは、日本人には同じに聞こえる発音(濃音、激音)があることです。
 中国語は漢字に興味ある方なら楽しく学べるでしょう。語順は英語に近いので苦労がない上に、動詞に日本語や英語のような語尾変化がないので、その点では楽です。やっかいなのは一音ごとに音程が変化する「四声」で、中国語圏以外の世界中の人が習得にてこずる部分です。

第二外国語の習得(スペイン語、仏語、独語、イタリア語)
  どれも英語力が生かせる言語です。ドイツ語はお隣のオーストリア全域でも話され、スイス、ベルギー、ルクセンブルグでも公用語として一部に使われている国際語です。また、フランス語はベルギーやスイス、カナダで公用語の一つになっている他、アフリカの旧植民地でも使われます。スペイン語はブラジル(ポルトガル語)以外のほとんどのラテンアメリカで話されます。イタリア語はラテン語に最も近い言語で、文化的な香りのする言語です。世界のどの文化に興味があるかで決めるのもよいでしょう。


  TOP  HOME