趣味を見つける―面白 おすすめ趣味百科
 趣味を見つける HOME生活・実用を兼ねた趣味 > お酒に関する趣味

お酒に関する趣味

  ワイン  吟醸酒  梅酒・果実酒作り

 「お酒の趣味」といっても、毎晩はしご酒をするとか、「利き酒」と称して昼間からアルコール類を賞味するのは、趣味とは言えません。単なるアルコール依存症です。

 趣味というからには、そのジャンルの酒類に関する知識が豊富でなければなりません。また、味や香りに対する感度も高めなければなりません。毎日、深酒をするというようなことは慎み、節度を持って楽しく飲むということが求められます。

ワイン

 
 「お酒に関する趣味」を持つ人の大多数がワイン党で占められるでしょう。それほどワインは広くて深くて奥行きのあるお酒です。でも、最初から「ワイン通になってやろう」などと意気込んで始める人は稀です。探求心の強い方が長年ワインを楽しんでいるうちに、いつの間にか「ワインに詳しい人」「味の分かる人」というレッテルが貼られるにようになるのではないでしょうか。

 ワインがビールや日本酒、ウイスキーなどと異なるのは、まずその種類が途方もなく多いことです。赤、白、ロゼなどの違いの他、生産地ブドウの品種醸造元ブランドなどの違いがあり、入門者には選ぶ基準が全く分かりません。また、ワインはデリケートな飲み物で、貯蔵方法や飲むときの温度、グラスに注ぐまでの作法や飲み方などによって味わいが変わってきます。ワインを飲むには、心得ておかなければならないことがたくさんあるのです。

 そもそも、初めのうちはどのワインがおいしいのか、飲み比べてみても分からないのが普通です。味が本当に分かってくるのはずっと先の話。初めは比較的安価で美味しいワインを二、三種類紹介してもらって、好きなワインを見つけることでしょう。それから、たまにはソムリエのいる評判がよいレストランに行って、ワイン文化に触れておくことは重要です。特にお店のマスターやソムリエと親しくなることが、ワインを楽しむコツです。本では分からないことが肌で感じられます。ワインを趣味として考えるかどうかは、それからです。

吟醸酒

吟醸酒とは
 吟醸酒は日本酒(清酒)の等級のようなもので、吟醸酒と呼ぶためには、①米、米麹、水、及びごく少量の醸造アルコールを原料に用い、②米の精米歩合が60%以下になるまで削り、③吟醸造りで醸造しなければなりません。名前のイメージから高級感が漂いますが、本来、清酒はこのようにして作られていたもので、一般に広く出回っている大手酒造メーカーの日本酒とは、比較の対象にならないくらいおいしいものです。
日本酒がまずくなった理由
 なぜ吟醸酒はおいしいか? というより、「なぜ日本酒はまずくなったか?」と言い換えた方がよいでしょう。それは戦後の原料不足の時に本来の日本酒を大量の水で薄め、水あめやアルコール、酸味料、化学調味料などを加えて味付けしたものを、「日本酒」として売り出したからです。当時は実に元の3倍にも増えたということで「三増酒」と呼ばれました。現在は法律で「二倍程度」に規制されましたが、「ビール」と呼べる基準の厳しさと比べると、日本酒は大甘です。焼酎だって甲類と乙類の表示が義務付けられています。

 そのため、吟醸酒を愛飲する真の日本酒党の中には、大手メーカーの造る日本酒を「日本酒ではない」とまで言い切る人も少なくありません。なお、この問題についてもっと詳しく知りたい方は、「日本酒 大手 まずい」で検索してみてください。
吟醸酒はお米のワイン
 だいぶ横道にそれましたが、全ては吟醸酒=本来の日本酒を説明するために必要なことでした。吟醸酒こそは日本の米ワインです。フルーティな香り、のどごしが滑らかで上品な味、淡麗(すっきり)または芳醇(ふくよか)な味わい。産地やメーカーごとに味や香りに特色があり、また料理によっても引き立つ味が変わってきます。まさに、ワインと同じだと思いませんか? 日本にも世界に誇るお酒があったのです。

梅酒・果実酒作り

 お酒をたしなまない女性でも、梅酒などの果実酒は好きな人が多いでしょう。夏が近づくと、青梅とホワイトリカー、氷砂糖のセットがスーパーなどの店頭に並んだりもします。そのまま飲んでもおいしく、オンザロックやソーダで割っても楽しめます。

 果実は梅とは限らず、原理的にはどんな果物でも作れます。でも味や香り、のどごしの感覚には好みがあり、あまり感激しないものも多いようです。無難なところでは、カリン酒、アンズ酒、ビワ酒といったところでしょうか。いろいろ試して新発見をするのも面白いかもしれません。なお、アンズやカリンは梅酒同様に古くから薬効があるとされますから、一石二鳥です。


  TOP  HOME