趣味を見つける―面白 おすすめ趣味百科
 趣味を見つける HOME > スポーツ・アウトドアの趣味

スポーツ・アウトドアの趣味

グループで楽しむ球技の趣味
2人で楽しめるテニス、バドミントン、卓球
自分との戦い? ゴルフ、ボウリング
心身を鍛える武道、騎士道
マリンスポーツを楽しむ
バイクツーリング、サイクリング、ドライブを楽しむ
ジョギング、ランニングの目的と効果
森や野山を満喫するウォーキング系の趣味
釣りの魅力/海・渓流…バス・ヘラブナ…

スポーツの意義―健康だけではないその効用


 スポーツを観戦して楽しむ人は多い。でも、日本人の大半は社会人になると、身体を動かす喜びを忘れてしまうようです。近年はメタボ対策からウォーキングがブームになっていますが、健康のためにノルマを課して一人頑張る姿からは、楽しさが伝わってきません。スポーツは仲間と楽しむことができ、また高揚した達成感も得られます。

 そもそもスポーツは遊びから発生したものが多く、ルールを作ることによって、個人または団体で勝負を競うという形で発展してきました。しかし、日本では学校の部活で勝つことが最優先され、精神面が強調され過ぎてきました。教育の一環としてのスポーツは、スポーツ本来の多様な効用を奪っています。そのことが社会人になってスポーツをしなくなる原因の一つになっているのではないでしょうか。

 そこで本サイトでは、スポーツを単純に「面白いからやる」という視点で、趣味として始める(または再開する)ことをおすすめします。スポーツの効用は次に掲げるように実に様々です。
●健康面の効用
 スポーツが健康にいいのはあまりに当たり前で、言い古されていますが、具体的に体の何に良いのか再確認をしましょう。
・体力の向上(瞬発力、持久力、敏捷性、柔軟性、調整能力、平衡感覚など) 
・メタボ対策(エネルギーの消費、基礎代謝の向上、血糖値や体脂肪の低下)
・免疫力の強化(血液などの体液の循環を良くし、自然治癒力を向上させる)
 ※ただし、激し過ぎる運動は疲労により免疫力を下げるので要注意です。
●精神面の効用
 スポーツは気分転換になり、日常生活の中でたまったストレスを発散して解消します。身体を目いっぱい使うことからくる爽快感や達成感があり、充実した毎日を送ることができます。また、気持ちが明るく前向きになります。ただし、上から押し付けられる形で耐えるスポーツは、逆効果になることもあります。
●対人関係
 団体スポーツでは、チーム内の連帯が生まれ、助け合うことから来る強い信頼関係が生まれます。また、個人競技においても、対戦相手との切磋琢磨により、スポーツ特有の連帯感が芽生えます。お互いを認め合う、良い意味でのライバル関係が築けます。「敵」を尊敬する心が生まれます。
●地域社会
 スポーツは疎遠になった現代の地域社会のきずなを取り戻し、活性化させる効果が期待されています。

 なお、本サイトではスポーツに限りなく近く、その効用も同じものが期待できるアウトドア関係の趣味も合わせておすすめしています。


本サイトおすすめスポーツ・アウトドアの趣味
野球 サッカー バレーボール バスケットボール ラグビー テニス バドミントン 卓球 
ゴルフ 
ボーリング 柔道 剣道 フェンシング 弓道 アーチェリー 乗馬 サーフィン ヨット
ウインドサーフィン スキューバダイビング バイクツーリング サイクリング ドライブ 
ジョギングとランニング
 散策 ハイキング ピクニック トレッキング 軽登山 海釣り 
河川・渓流釣り


  TOP  HOME