いい趣味を見つけたい方へ―おすすめ
手芸・工芸・工作   スポーツ・アウトドア   美術・絵画   ダンス・体操・健康   棋道・ボードゲーム・カード   楽器演奏   美術鑑賞・音楽鑑賞
生け花・フラワーデザイン   文芸   書道・習字・文字のアート   生活・実用   パズル・クイズ   語学   コレクション   パフォーマンス・余興

篆刻―趣味の印章作り

 篆刻(てんこく)は平たくいえば「ハンコ作り」です。書や日本画に押されるあの印章(雅印)を作ることで、中国が起源です。篆刻の「篆」は篆書体のことですが、現代では楷書や行書、草書、隷書、仮名を用いたものも篆刻と呼びます。

 このように、書や絵画にアクセントとしてはんこを押すことによって、より美しく深みを加えることが目的の篆刻でしたが、やがて様々な表現の印章が創られるようになり、それ自体が芸術的なものとして鑑賞されるようになりました。

篆刻を趣味としてやるには


 ハンコ作りは、子供の頃にイモや消しゴムなどで作ったことのある方も少なくないでしょう。製作自体はとても楽しいものですが、用いる材料は柔らかいものではなく、木や石、金属などですし、文字もしっかりした書体の心得がなくてはなりません。

 趣味として篆刻を始める方のためには、カルチャーセンターなどの教室や通信講座があります。始めるきっかけとしては、やはり書道をやっていて自分の作品に押す朱色の雅印に魅力を感じたからという方が多いようです。まずはしっかり教えてくれる教室ないし講座を探し、資料を取り寄せるとか直接見学をさせてもらうのがよいでしょう。

 篆刻には大別して次の3種類の技術があります。

①字法
 篆刻を本来の篆書でする場合は、この古い書体に習熟している必要があります。篆書は古い書体を用いるため、簡略された感じに慣れた現代人にはやっかいです。印章では隷書体も風格があってよく使われますし、別の書体にするにしても、それぞれの書体をしっかりと習っておく必要があります。

②章法
 ハンコとなる面に文字を構成する方法のことで、文字の大小やレイアウトのバランスを図ります。古典作品を鑑賞して感覚を磨くことも大切です。

③刀法
 彫る際の運刀の技法のことをいいます。細心の注意と共に生き生きとした線を彫る大胆さも必要で、人に教えるのは難しいといわれます。自分で経験しながらコツを身につけていくところに醍醐味があるのかもしれません。

 世界にたった一つしかない自分だけの雅印を作るわけですから、好きな人にとってはこの上ない喜びになるでしょうが、趣味としてはかなり格調高い、ユニークなものといえるでしょう。


  TOP  HOME