趣味を見つける―面白 おすすめ趣味百科
 趣味を見つける HOME > 手芸・工芸・工作の趣味

手芸・工芸・工作の趣味

実用手芸1/刺しゅう、パッチワーク、キルティング
実用手芸2/編み物、ビーズ織り、ビーズアクセサリー
アートな手芸/トールペインティング、デコパージュ、ぬいぐるみ…
貼り絵、切り絵、押し花絵などの趣味
模型工作、ペーパークラフト、折り紙、電子工作
陶芸、彫金、ガラス工芸…奥の深い工芸の世界

自分の手で作る喜び。この世にたった一つの作品


 お金を出せば何でも手に入る時代ですが、日用品や装飾品などを作る手芸・工芸は廃れません。それは自分の手を使って物づくりをするプロセスに、他のことでは味わえない喜びを感じるからではないでしょうか。出来上がった作品は、たとえ既製品と比べて仕上がりの面で多少見劣りがしたとしても、世界にたった一つしかない大切な作品です。

 手工芸には、そのまま家族や自分自身が使う日用品から、インテリアに飾って楽しむ美術作品までいろいろありますが、多かれ少なかれ自分の趣味とセンスがそこに織り込まれています。時間がかかった分、愛着もひとしおです。

 人によっては、「材料費だけしかかからないので、安く済む」といった面も魅力的に映るでしょう。しかし、手工芸にはそうした経済性を超えた魅力があります。絵画に通じる自己表現的な要素があるからでしょう。しかも、技術・技能的には簡単な裁縫程度の経験があれば十分にできるものもありますから、美術に比べて、気軽に始めやすいというメリットがあります。
作品に惚れることが長続きするコツ
 手芸・工芸は、多くの人が「こんなものが欲しかった。作りたかった」という作品への感動から始めます。置物やぬいぐるみ、アクセサリー、ガラス製品…など、心を惹かれる作品は様々なジャンルにあり、思いがけない場所で出逢います。

 まるで自分を待っていたかのような、輝きを持った魅力的な作品たち…。そんな手工芸品を見つけたらチャンスです。思い切って始めてみましょう。初めは難しいと感じるかもしれませんが、惚れ込むような作品がなければ、手作りの趣味は長続きしません。目標を高く持つことが大切です。

 手芸にある程度なじんでいる方なら、本などを見ながら自分で工夫してできるようになるものもあります。でも、独学では手ごわいと思う方は、教室やカルチャーセンターなどに通った方がよいかもしれません。通信教育もありますが、手芸関係の講座運営が経験豊富な団体であることや、映像教材が付いていることなどがポイントとなります。
大脳の活性化、ボケ防止、同好者の輪…
 ところで手を使って何かを作る手工芸は、脳に良いと言われます。それは指先と脳が密接な関係にあるからです。手順を頭に入れ、細かく複雑な手作業を行うことで、右脳と左脳の連携や、意欲、計画、創造に関係する前頭葉を活性化させるのです。もちろん、ボケ防止にも効果があります。
 
 また、手工芸の趣味を持つことによって同好者との輪が広がり、精神的に豊かな生活が送れることが、何よりも大きな収穫となるでしょう。


本サイトおすすめ手芸・工芸・工作の趣味
刺しゅう(各種) パッチワーク キルティング 編み物(手編み) ビーズ織り ビーズアクセサリー
トールペインティング デコパージュ シャドーボックス ミニチュアフード、ミニチュアスイーツ 
貼り絵(ちぎり絵) 切り絵(影絵) 押し花絵(押し花アート) 模型工作 ペーパークラフト 折り紙
電子工作
 陶芸 彫金 ガラス工芸(ガラス細工・ガラスアート)

  TOP  HOME